遠賀中間歯科医師会の紹介   役員紹介   決算報告


 遠賀中間歯科医師会沿革


終戦の混乱から数年経ち、復興の鎚音も盛んなころ、同じ遠賀郡にありながら八幡と直方という異なる歯科医師会に所属していた。
いろいろ不便なことがありそれを解消するために先輩方の努力により「遠賀郡歯科医師会」が誕生した。

 
 昭和26年6月 「遠賀郡歯科医師会」創立(旧水巻警察署にて発会式) 会員数22名
4町2村(中間町、香月町、水巻町、芦屋町、遠賀村、岡垣村)
 昭和30年4月  香月町が八幡市に編入された
 昭和33年
 11月1日
 中間市が市制施行し、これを機会に「遠賀歯科医師会」に改名、現在に至る
 昭和36年6月  創立10周年 
 昭和40年代  本会の基盤も整備され、社団法人としての組織が確立されていった。
会員数に関しては、昭和40年代はほぼ同数で推移していたが、昭和50年代になると、会員数も倍増し、福岡県下24郡市区会の中でも中堅の地位を固めるようになった。昭和58年5月14日、幾多の困難を乗り越え、待望の遠賀歯科医師会館が水巻町に落成した。
 昭和46年9月  創立20周年
 昭和56年7月  創立30周年
 昭和58年 
 5月14日
 水巻町に遠賀歯科医師会館が落成した。会員数43名
 
昭和の終わりごろから平成になると、世の中は不景気になっていった。さらに人口の高齢化により、医療費、老人福祉費が増加し、それをまかなうために老人医療費の一部自己負担の導入、その増額やサラリーマンの自己負担率引き上げなど国民全体の負担が重くなってきた。このような厳しい社会情勢の中、本会も8020運動(80歳で20本の歯を残そう)の推進、歯の健康フェスタと地域の方々に啓発活動を充実させていった。会員数もさらに増え、急速に進む高齢化の中で、必要な方々に、必要な医療サービスを提供できるようになり、地域に根付いた遠賀歯科医師会としてますます発展してきている。
 平成3年9月  創立40周年
 平成13年
 10月28日
 創立50周年
 平成18年
 11月12日
 「8020」生涯を通じた歯科保健大会開催。(岡垣サンリーアイ)
 平成21年10月現在  会員63名  56診療所
 
遠賀中間歯科医師会の紹介   役員紹介   決算報告


OngaNakama Dental Association